上の原の火入れが4月24日に行われます

2010-03-19

宝台樹スキー場のメイン道路より、さらに上に登っていった所に武尊山入口&大幽洞窟入口があります。そこから少し左に100m程行くと茅草原が広がっていまして、そこで毎年雪が少し溶けた辺りの時期に茅(かや)を野焼きするイベントが森林塾青水により行われています。

上の原野焼き2009

上の原野焼き2009

実はここは50年程昔まで茅場で藤原の住民がここの茅を使って民家の屋根の材料として育てていました。春先に茅を燃やす事で木の芽を絶やし森になっていくのを防ぐ事と、燃えた灰が養分となり元気な茅になるので昔は恒常的に燃やしていたそうです。今年で7回目となる野焼きですが、昔の人に聞くと徐々に森が広がって茅場が無くなりつつありましたが、森林塾青水が昔の茅場を復元する活動を続けていくうちになんとか森になるのを防いでいるそうです

この野焼きは、年々口コミ等で広がって行き大勢のカメラマンが訪れるようになりました。そこで撮影している人も火を付けてみたい等要望が多くあり、今までは森林塾会員のみでしたが今年から一般の参加者でも火をつける事が出来るようになりました。
一応保険等にも入る都合があるので一般参加ですと1000円程となるそうです。また、見学や撮影に関しては無料と言う事で誰でも見に来る事ができますが、火を燃やす場所ですので何処かで事故がありましたが、非常に危ないですので、当日は関係者の誘導に従って頂きたいと思います

吉野屋では当日(4月24日午後)宿泊者に限り現地まで送迎を致しますので、参加・撮影してみたい方は是非ご予約をよろしくお願いいたします。天候により(4月25日午前)もしくは(中止)になる場合もございます。

住所:379-1721 群馬県利根郡みなかみ町藤原3737  Copyright(c) 2013 民宿吉野屋 All Rights Reserved.